マージンコール

新栄会病院 内科 消化器科 整形外科 眼科 皮膚科 放射線科 リハビリテーション科

■シンボルマークの由来
平和のシンボルの「ハト」と「十字」をモチーフにしたものです。

最新情報

ご挨拶

理事長 山本 時彦

地域の保健・医療・福祉を守るという大きな使命を全職員が忘れることなく、日夜努力を続けてきて30年余りが経ちました。1973年に山本第一病院を開設後、77年に医療法人山紀会を設立、80年に山本第三病院を開設致しました。現在の山本第三病院は、救急医療を中心に24時間・365日絶え間なく稼働する急性期のセンターとしてまた、山本第一病院は慢性期のセンター(療養病床・通所リハビリテーション)として機能を分けて運営しております。介護老人保健施設として、99年にやまき苑、06年にやまき・あべの苑をオープン致しました。
総合的医療・福祉グループとして成長した当法人は、急性期・回復期・慢性期の医療から施設介護や居宅支援に至るまでの幅広い医療・福祉サービスを提供しております。人間ドッグあるいは集団検診を通じて予防医学にも力を入れております。
今まさに高齢化社会の中、保健・医療・福祉は益々一体的なものとなり、様々な形と高い質が求められるようになりました。これからも当法人の理念を遵守し、地域のあらゆるニーズに応え、皆様が満足感と幸福感を感じて頂けますような病院・施設でありたいと考えます。

 

 

 

 

山本第一病院は、 1973( 昭和 48) 年 10 月に開設され、地域の救急医療に貢献してまいりましたが、 2006( 平成 18) 年 10 月より山本第三病院は救急医療を担う急性期病院、山本第一病院は慢性期医療を担う療養型病院に、医療機能が明確に分担され新たにスタート致しました。入浴施設や食堂、リハビリテーション室を完備し、充実した設備の中で安全かつ質の高い医療療養サービスを提供し、患者様に安心して療養生活を送っていただけますように、医師、看護スタッフを中心に努力しております。